ニュース

前田幸長氏がマイナー時代、チームメイトだった阪神の助っ人は誰?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める前田幸長氏
 29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-阪神戦』で解説を務めた前田幸長氏は、阪神のメンドーサとマイナーリーグ時代にチームメイトだったことを明かした。

 前田氏は88年ドラフト1位でロッテに入団し、中日、巨人の3球団でプレーし、08年にメジャーリーグに挑戦し同年限りで現役を引退。前田氏がメジャーに挑戦した08年、テキサス・レンジャーズ傘下の3Aのチームで、メンドーサとチームメイトだったという。

 当時のメンドーサについて前田氏は「ピッチングのスタイルは今とほとんど変わらない」とマイナー時代も打たせて取るタイプの投手だったそうだ。ただ球速は「もう少しあったかなという感じですね」と若手時代の方が力強いストレートを投げ込んでいたという。

 かつてチームメイトだった前田氏が解説を務めた試合で、先発したメンドーサだったが、4回を投げて4安打2四死球3失点で敗戦投手となり、勝利する姿を見せることができなかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM