ニュース

DeNA・細川の逆方向弾にラミレス監督「教えなくても自然にできる」

無断転載禁止
5回、勝ち越し本塁打を放ち、ナインに迎えられるDeNA・細川=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.04 18:00
横浜DeNAベイスターズ 2 終了 1 中日ドラゴンズ
横浜
 DeNAのドラフト5位ルーキー・細川成也が、2試合連続で本塁打を放った。

 明秀日立高校から今季プロ入りしたばかりの細川だが、二軍戦で10本のアーチを描いたパワーヒッター。3日にプロ初昇格を果たすと、同日の中日戦に5番右翼で先発し、初回に回ってきたプロ初打席でバックスクリーンに初本塁打を放った。

 そして、4日の中日戦でも1-1で迎えた5回の第2打席、中日の先発・阿知羅拓馬が投じた外角のストレートをコースに逆らわずDeNAファンの待つライトスタンドへ放り込んだ。ラミレス監督は「若い選手というのは、真ん中から外の球を逆方向に打つというのを、こちらから教えずにできる選手は少ない。彼は教えなくても、自然にできる素質を持っている。本当にスゴイ」と絶賛。

 その一方で「一軍でバリバリ活躍するとなると、技があったり、一筋縄でいかない難しいピッチャーがいる。逆方向に打つではなくて引っ張るということもできるようにならないと。一軍レベルで弱点を見せてしまうと、そこばかり攻められて結果を残すことができない」と課題点も挙げた。

 それでも、「本当に素晴らしいパワーヒッターで、おそらく100三振する選手だと思いますけど、このレベルで打てるということを証明してくれた。将来が楽しみな選手だと思います」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM