ニュース

伊東監督、ロッテでの5年間に「いい思いを沢山させてもらいました」

無断転載禁止
ロッテの伊東勤監督
 今季限りで退任するロッテの伊東勤監督が9日、本拠地最終戦となったオリックス戦後にファンに挨拶を行った。

 伊東監督は「開幕ダッシュに失敗し、1度も貯金することができませんでした。これも全て私の責任です。早い時期にファンの皆さんを失望させてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪。

 「そんな中でも、選手は諦めることなく一生懸命戦ってきました。来季は新しい体制で今年の悔しさをバネにかえて、ファンの皆さんの期待に応えるシーズンになると思います」と来季、選手たちが新監督のもとで躍動することを期待した。

 また、伊東監督はこの5年間について「いい思いを沢山させてもらいました。ファンの皆さんに背中を押してもらい、勇気をたくさんいただきました。本当に5年間ありがとうございました」とファンに感謝の思いを告げた。

 伊東勤監督は2013年に監督就任すると、今季は最下位に終わったが、この5年間で3度Aクラスに導いた。特に昨季は球団31年ぶりに2年連続Aクラス入りを果たした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM