ニュース

巨人・阿部、若手の奮起に期待「僕らも多少は願っている」

無断転載禁止
巨人の阿部慎之助(C)KYODO NEWS IMAGES
 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第1戦 広島-DeNA戦』にゲスト出演した阿部慎之助(巨人)が、若手野手について語った。

 3年連続で優勝を逃した巨人の野手を見ると、20代で規定打席に到達した選手は29歳の坂本勇人、28歳の小林誠司のみ。レギュラーポジションの多くを30代のベテランが務めている。

 阿部は「やっぱりチームとしては、ずっと勝てていませんし、個人的にもチーム的にも、僕らを脅かす若い選手が出てきてくれればいいかなと、僕らも多少は願っているところですね」と若手の台頭に期待を寄せた。

 若手が台頭するということで、レギュラーポジションを脅かされる可能性もあるが、阿部は「いちプロ野球選手としてまだまだやりたい気持ちもありますし、元気な若者が凄い出てきて、切磋琢磨できればいいのかなと思います。なかなか出てくるのが難しいですし、っていうのが現状なのかな」とコメント。新戦力とのポジション争いがチーム力の底上げにつながるとの見解を示した。

 さらに阿部は「菅野が28、9ですかね。彼らの年代というのが、プロ野球を引っ張っていくくらいじゃないといけないと思います」と話し、「田中君、菊池君、丸君。その世代がたくさんいるというのは、カープの強みかなと思います。会沢君も29歳、松山君も32歳。西川君はもっと若いですよね。うちにもそういう子が出てきて欲しいなと思います」と広島を例に挙げ、若手の奮起を促した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM