ニュース

昨季開幕投手のDeNA・石田「まずはローテに入ることが一番」

無断転載禁止
神奈川県厚木市内で自主トレを行ったDeNA・石田健大[撮影=ニッポン放送アナウンサー洗川雄司]

恒例の厚木トレ


 DeNAの石田健大が10日、チームメイトの三嶋一輝、山崎康晃、熊原健人とともに、神奈川県厚木市内で行っている自主トレを公開した。

 球団OBの三浦大輔氏が続けていたトレーニングを昨年から引き継いだ4投手。恒例の朝の山登りに始まり、グラウンドでのキャッチボール、ノックなどのメニューをこなし、最後は坂道ダッシュで下半身強化を図った。

 石田は1日の練習を終えて「ハードですね」と話しながらも、「年初めに毎年厚木でやって、ここへ来ないと始まらないという気持ちがあります」と振り返った。

まずは先発ローテ入りを目指す


 昨季開幕投手を務めた石田は、2年連続の“大役”に期待がかかる。石田は開幕投手について「やらせていただけるのであればという気持ちでいますけど、開幕に目を向けるのではなくて、まずは6人のローテーションに入ることが一番だと思います」と話す。

 「去年と違うところをアピールしていかないと、自分の立場がどこにいくかわからない」と危機感を持ち、「(キャンプに向けて)全てをアピールできる体を作っています」と力強く語った。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM