ニュース

ヤクルト・原、4回途中8失点で5敗目…田尾氏「やっぱりという点の取られ方」

無断転載禁止
ヤクルトの原樹理
2018.05.16 18:30
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 12 読売ジャイアンツ
鹿児島
● ヤクルト 4 - 12 巨人 ○
<8回戦・鹿児島>

 ヤクルトの先発・原樹理が、4回途中8失点で先発の役割を果たすことができず、5敗目を喫した。

 原は0-0の3回、坂本勇人に先制の本塁打を浴びると、4回は阿部慎之助、岡本和真の連打で無死一、三塁のピンチを招く。ここを踏ん張りたいところだったが、亀井善行、長野久義に連続適時打で失点。一死後、吉川光夫の投ゴロを原樹理が悪送球で、二塁走者・長野に生還を許した。原は勢いのついた巨人打線を止められず、坂本勇人、吉川尚輝に連続適時打を打たれ降板。結局、原は3回1/3を投げて9安打8失点だった。

 16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は「やっぱりかなという感じの取られ方ですよね。この1球がどういう意味合いで投げているのかというのが感じないですよね。勢いに押しつぶされたようなやられ方でした」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM