ニュース

ヤクルト・坂口が走者一掃の適時三塁打!佐々木氏「2球目の空振りは…」

無断転載禁止
ヤクルト・坂口智隆
2018.05.26 18:00
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
神宮
○ ヤクルト 5 - 1 DeNA ●
<10回戦・神宮>

 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、7回に走者一掃の適時三塁打を放ったヤクルト・坂口智隆の打撃について語った。

 代打・雄平の適時打で勝ち越しなお、7回二死満塁のチャンスで坂口に打席が回ってくる。坂口は4番手・砂田毅樹が投じた初球のスライダーを見逃すと、2球目のスライダーを空振り。簡単に追い込まれた坂口だったが、3球目の高目のスライダーを左中間を弾き返す3点適時三塁打を放った。

 佐々木氏は「2球目の空振りは、わざとかもしれないですね」と指摘し、「もう1球スライダーが来ると狙っていたんですね。逆にDeNAバッテリーは誘い球を放らされたんでしょうね」と説明した。

 「今のスライダーは甘く入っていたんですけど、坂口はそれくらい勝負をかけたかもしれないですね」と試合を決める3点適時三塁打を放った坂口の打撃を解説していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM