ニュース

佐々木氏、7回のDeNAバッテリーの配球に苦言

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める佐々木主浩氏
 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は、7回にDeNAバッテリーがヤクルト・中村悠平に安打を許した場面について語った。

 1-1の7回からマウンドにあがった三上朋也は、先頭の西浦直亨に安打、続く大引啓次に送られ、一死二塁でヤクルト・中村悠平を打席に迎えた。ここでの失点、ピンチを広げたくないDeNAバッテリーだったが、6球目に投じたインコースのスライダーが甘くなりレフト前に運ばれた。

 この配球に佐々木氏は「今ね、キャッチャーがインコースを構えて、インスラ放らしたんですよ。だけどこの場面でのインスラはないな。バッテリーのミスだな」と苦言。

 中村に安打を許し一死一、三塁とピンチが広がり、続く代打・雄平に勝ち越しの適時打を浴びた。雄平に適時打を打たれた後も、佐々木氏は「中村の1球かな」と配球に納得がいっていない様子だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM