ニュース

真中氏、西武バッテリーに「もったいない」

無断転載禁止
7回、巨人・坂本勇(右)に逆転3ランを浴びた西武・多和田=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.10 14:00
読売ジャイアンツ 3 終了 2 埼玉西武ライオンズ
東京ドーム
○ 巨人 8 - 5 西武 ●
<2回戦・東京ドーム>

 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-西武戦』で解説を務めた真中満氏が、西武先発・多和田真三郎、捕手・森友哉のバッテリーについて言及した。

 まず、真中氏が指摘したのが3回に岡本に適時打を浴びた場面。3回一死一、二塁から西武バッテリーは岡本に対し、3ボール2ストライクから外角のスライダーをセンター前に弾き返され失点した。

 真中氏は「西武バッテリーはもったいないですよね。スライダー高めにいって打たれてしまいましたからね。さっき空振りに取ったインコースを上手く使えたらいいんですけどね」と岡本に対し空振りを奪った4球目のようなストレートを要求すべきだったのではないかと話し、「インコースを攻めたら次は外に投げようかみたいな、定番のリードになってしまいがちですよね」と続けた。

 さらに1点リードの7回二死二塁の場面で、代打・田中俊太を四球で歩かせると、続く坂本勇人に1ボールから2球目の甘く入ったストレートをレフトスタンドへ運ばれた。真中氏は「大胆に攻めるのは田中俊太の時ですよね。あそこで慎重になりすぎて、坂本の時に大胆に攻めてはダメですよね。そこが悔やまれます」と語った。

 坂本に浴びた3ランが決勝点となり、西武は5-8で敗れた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM