ニュース

山本昌氏、ソフトB・上林のスクイズに「ビックリしました」

無断転載禁止
7回ソフトバンク一死三塁、上林が投前スクイズを決める。捕手宇佐見、投手今村=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ソフトバンク-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏が、ソフトバンク・上林誠知のスクイズについて言及した。

 1点リードの7回、ソフトバンクは一死三塁のチャンスを作り、打席には上林。なんとしても1点が欲しいこの場面、上林は1ボール1ストライクからの3球目、外角高めのボール球をスクイズ。三塁走者の福田秀平が生還し、上林も一塁セーフとなり、適時内野安打となった。

 山本昌氏は「虚を突かれたといいますか、ちょっと考えていませんでしたね。私も構えたときにビックリしましたね。よくボール気味の球を決めましたね。これは恐れ入りました」と上林のスクイズを称えた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM