ニュース

巨人・カミネロがリードを守れず 谷繁氏「マシソンを後ろに…」

無断転載禁止
9回、無死一、二塁のピンチを招いたカミネロ(右から2人目)のもとに集まる巨人ナイン=ZOZOマリン(C)KYODO NEWS IMAGES
 1-0の9回からマウンドにあがった巨人の守護神・カミネロがリードを守り切れず、サヨナラ負けを喫した。

 1点リードの9回、当然のように巨人ベンチは守護神のカミネロをマウンドに送る。カミネロは先頭の角中勝也にセンター前ヒットを打たれると、続く清田育宏に四球、鈴木大地の送りバントが内野安打となり無死満塁のピンチを招く。

 カミネロは代打・三木亮を投ゴロに抑えるも、その間に三塁走者の生還を許し同点に追いつかれた。続く一死二、三塁の場面を抑えたいカミネロだったが、平沢大河にライト前タイムリーを浴びサヨナラ負け。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ロッテ-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏は、「ベンチとしても今日の1-0で勝つという試合運びが出来たと思うんですよ。最後はこういう結果になってしまったんですけど、しょうがないといえばしょうがない」と振り返り、「カミネロの状態で使う使わないを今後、判断しなければいけない時がくると思います」と話した。

 続けて谷繁氏は抑えについて「マシソンを後ろに持っていた方が、安定するんじゃないかなと思います。前(セットアッパー)がもう一人いないといけなくなるんですけど、そこは日本人で誰かを入れて補っていくとかね」と、自身の見解を述べた。

 高橋由伸監督は交流戦明け、守護神を引き続きカミネロに任せるのか。それとも、配置転換があるのか注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM