ニュース

DeNAの4番・宮崎が2ホーマー「飯塚が頑張っていたので…」

無断転載禁止
DeNAの宮崎敏郎(C)KYODO NEWS IMAGES
 登録抹消中の3番・ロペス、右脇腹の張りで4番・筒香嘉智がスタメンを外れる中、4番に座った宮崎敏郎が、チームに勝利を呼び込む2本の本塁打を放った。

 「飯塚が頑張っていたので、先に点が取れて良かったです」。0-0の4回一死二塁から西武先発・多和田真三郎のスライダーを捉えた打球は、バックスクリーン右に飛び込む第13号の先制2ランとなった。

 2-1の7回には同学年の増田達至の外角ストレートを「打球が低かったので、入るとは思いませんでした」とライトスタンド最前列に突き刺す第14号ソロ。

 筒香に代わって4番に入った宮崎は、2本塁打を含む3安打3打点の大暴れ。ロペス、筒香が抜けている中、打線でかかる比重も大きいが、宮崎は「あまり何も考えていないですけど」と話した。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM