ニュース

田尾氏、巨人・長野の打撃に…

無断転載禁止
巨人・長野久義(C)KYODO NEWS IMAGES
 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 中日-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は、巨人・長野久義の打撃について言及した。

 この日は第1打席から2打席連続ヒットを放ち出塁した長野。第3打席は2ボールから3球目のボール気味の変化球を空振り。この空振りに田尾氏は「何度かあるんですよ。完全に合わない空振り。首位打者を獲ったバッターは、こんな空振りしないと思うんですけど、長野の場合はあるんですよね」と指摘。

 4球目もボール気味の球に手を出しファウル。田尾氏は「今のも高めのボール球でしたよね。全部ボール球ですよね」と話し、結局長野は3ボール2ストライクから真ん中の変化球を見逃し三振に倒れた。

 8回二死一塁の第4打席は、初球の外角スライダーを打ち上げて二飛。田尾氏は「ファーストストライクを打つのは悪くない。今振ったのはスライダー。待って振ったのかどうかというところですよね。多分真っ直ぐを待っていたと思う。微妙にずれて打たされた形になるんですね」と解説した。

 長野は2打席連続ヒットも、3打席目以降は課題の残る打撃となった。田尾氏は「長野は首位打者を獲ったバッターこんなもんじゃないと思いながらずっと見ています」と話すが、ここから復調することができるだろうか。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM