ニュース

山本昌氏、巨人のリリーフ陣に「非常に苦しい」

無断転載禁止
7月26日の11回、ヤクルト・青木(右)に勝ち越しの生還を許した巨人・上原=京セラドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた山本昌氏は、巨人のリリーフ陣について言及した。

 上原浩治、カミネロ、マシソンと“勝利の方程式”を担当していたリリーフ陣が、故障や不振で現在は二軍で調整し、かなり苦しい台所事情となっている。山本氏は「この間も沢村投手が1アウトも取れずにサヨナラ負けするなど、非常に苦しいですよね」とコメントした。

 この日、実況を務めた煙山光紀アナウンサーが「その日の試合展開で、日替わりで代えていくしかない」という高橋由伸監督の談話を紹介すると、山本昌氏は「まさしく日替わりですよね」と返答。

 「日替わりも長くは続きませんから、どこかで自分の役割をピッチャー陣に植えつけないと。どこで自分がでるんだろうというのが分からないと、準備ができないんですよね」とリリーフ陣の調整の難しさについて語った。

 上原、カミネロ、マシソンが不在ではあるが、“勝利の方程式”をはじめとしたリリーフ陣の役割をしっかりと決めていく必要がありそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM