ニュース

大矢氏が挙げたヤクルトサヨナラ勝ちの要因は?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める大矢明彦氏
○ ヤクルト 6x - 5 巨人 ●
<18回戦・神宮>

 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、1点を追う9回にヤクルト・青木宣親が放った安打がサヨナラ勝ちに繋がったと分析した。

 4-5の9回、先頭の青木宣親が巨人のアダメスからライト前にヒットを放ち出塁。山田哲人もレフト前ヒットで続き、三輪正義が送って二、三塁とすると、雄平が敬遠で満塁となった。ここで川端慎吾がライトオーバーの2点適時二塁打を放ちサヨナラ勝ち。

 大矢氏は「このゲームでヤクルトがひっくり返すには、青木のヒットが大きかったですね。あれでアダメスが舞い上がっちゃった感じになりましたね」とこの回先頭で出塁した青木の安打を評価。

 小川淳司監督は「執念、粘り、何物でもない試合だったんですけど、僕のミスを選手がカバーしてくれた試合だったじゃないかなと思います」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM