ニュース

4安打1得点の巨人打線に野村弘樹氏「調子が落ちてきている」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める野村弘樹氏
2018.08.17 18:00
読売ジャイアンツ 1 終了 6 中日ドラゴンズ
東京ドーム
● 巨人 1 - 6 中日 ○
<18回戦・東京ドーム>

 巨人は投打に精彩を欠き、中日に1−6で敗れた。

 巨人は4回、一塁・岡本の失策で中日に先制を許したが、その裏すぐさまマギーの第16号ソロで同点に追いつく。しかし、追いついてもらった直後の5回、先発・メルセデスは大島洋平、ビシエドに適時打を打たれ勝ち越しを許してしまった。

 さらに8回には平田良介に適時打、9回から登板した野上亮磨がビシエドにソロを打たれるなど、8回と9回の2イニングで3失点。打線も5回以降に放った安打は、わずかに1安打のみ。チャンスらしいチャンスを作ることができなかった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−中日戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「笠原は要所で良いところに投げていたとはいえ、もう少し捉えられるボールがあったと思うんですよね。そこで詰まらされるという意味では、全体的に打線の調子が落ちてきている」と話し、「守備のエラーも失点に絡みましたよね。さらに、打てないとなると終わってみればこの点差になりましたよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM