ニュース

大矢氏、DeNA・ロペスは「3番が一番良い」

無断転載禁止
DeNA・ロペス
 22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、DeNA・ロペスの打順について言及した。

 ロペスはこの日、普段の3番から5番に打順を変えて試合に挑んだ。これに大矢氏は「(左の吉川光夫が先発で)右を並べるというのと、ロペスの気分転換なんでしょうけど、変えない方がいいと思うな。3番が一番ロペスには良いと思うんですよね」とロペスは3番で出場させるべきとした。

 その理由について「(3番)そこで調子をあげてくるのを待つ。これがクリーンナップの時には必要なんですよね。監督と信頼関係といったらいいのかな。自分でも上がってこなきゃいけないと思わせないといけないですよね」と説明。

 5番で出場したロペスは、第1打席と第2打席が遊ゴロ、第3打席が空振り三振に倒れ、この日は3打数0安打だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM