ニュース

江本氏、巨人の8回の失点に苦言

無断転載禁止
8回ヤクルト一死二、三塁、打者バレンティンのとき、捕逸で三走坂口が勝ち越しの生還。右はは投手アダメス=東京ドーム (C) KYODO NEWS IMAGES
2018.09.12 18:00
読売ジャイアンツ 1 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
● 巨人 1 - 4 ヤクルト ○
<21回戦・東京ドーム>

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、巨人のリリーフ陣について言及した。

 1-1の8回無死一、二塁の場面で、巨人ベンチは先発・メルセデスからアダメスにスイッチ。アダメスは、最初の打者・山田哲人に一、二塁間のゴロを打たれるも、二塁・田中俊太のファインプレーに助けられる。1つアウトを奪ったが、一塁走者、二塁走者の進塁を許す。なお一死二、三塁とピンチは続き、パスボールで勝ち越しを許すと、バレンティンに適時打を浴びた。

 さらに、続く畠山和洋の安打で一、三塁とされると、大引啓次にも適時打を打たれ、巨人にとっては重すぎる3点になってしまった。

 江本氏は「ジャイアンツは後ろのピッチャーが投げる場合、半分以上が負けることを予想しとかないと。こういう結果はしょうがないんですよ。(アダメスは)4、5点ぐらいのゲームをしているときのリリーフならばいいですけど、1点争っているときは目をつぶってかないと。ジャイアンツの一番悪いところですよ」とバッサリ。

 さらに江本氏は、アダメスを起用した首脳陣に対しても「こういう場面で使う方も使う方ですけど、ダメだと思ったらすぐ代えないと。そもそも数がいないから、ちょっといい投手を出しているだけ」と苦言を呈した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM