ニュース

ヤクルト、3点リードの9回に石山を起用しなかったワケ

無断転載禁止
ヤクルトの近藤一樹
2018.09.13 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
● 巨人 2 - 4 ヤクルト ○
<23回戦・東京ドーム>

 ヤクルトは4-1の9回、前日2イニング投げた守護神・石山泰稚ではなく、セットアッパー・近藤一樹がマウンドにあがった。

 9回のマウンドを任された近藤は、先頭の重信慎之介に中安、一死後、岡本和真にもセンター前に運ばれると、マギーに犠飛を打たれ1点を失う。なお二死二塁とピンチは続いたが、亀井善行を二ゴロに打ち取り、試合が終了した。

 小川監督は「今日は最初から、石山は何かあったときの延長の最後という位置づけでいた」と石山を起用しなかった意図を説明。「展開にもよるんですけど、そこまではなんとか違うピッチャーで凌げればと思っていた。近藤がよく締めてくれてよかった」と1点を失いながらも、リードを守り切った近藤を労った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM