ニュース

ヤクルト・山田が『守備のお手本』にしている人物とは?

無断転載禁止
ヤクルトの山田哲人
 20日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』の『守りの名手』というコーナーでヤクルト・山田哲人のインタビューが放送された。

 今季NPB史上初となる3度目のトリプルスリーを達成した山田。打撃と走塁にクローズアップされることが多いが、二塁の守備でも堅実なプレーでチームのピンチを度々救った。

 山田は守備で心がけていることについて「走攻守全て揃っている選手を目指しているので、積極性を忘れずに、無理かなと思ったとしても、強引にいってアウトになる可能性があればそこに挑戦していくことを心掛けています」と攻めの守備を大切にしているという。

 また、山田は守備のお手本にしている選手に「宮本慎也さんの守備というのは、スゴイなと思いますね」と現在ヤクルトのヘッドコーチを務め、現役時代にも3年間一緒にプレーした宮本慎也コーチの名前を挙げた。

 「見て盗めるというのも必要なことだと思う。教えられることもたくさんありますけど、見て盗むということもできるのでありがたいですね」と語った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM