ニュース

里崎氏も「ビックリ」グラシアルが意表を突くセーフティー

無断転載禁止
1回ソフトバンク無死一、二塁、グラシアルが一前にセーフティーバントを決める。投手ウルフ、捕手森=メットライフドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 ソフトバンクの3番・グラシアルが、先制点を呼び込む意表のセーフティバントを決めた。

 初回先頭の上林誠知の二塁打、明石健志の死球で無死一、二塁として、3番・グラシアルに打順が回ってきた。シーズン0犠打のグラシアルは、西武先発・ウルフが投じた初球を一塁方向へセーフティバント。一塁・山川穂高が打球を処理するも、二塁・浅村栄斗のベースカバーが遅れ、内野安打となる。これで満塁としたソフトバンクは4番・柳田悠岐の走者一掃の適時二塁打で3点を先制した。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル CSファイナルステージ第5戦 西武-ソフトバンク戦』で解説を務めた里崎智也氏は、グラシアルのセーフティバントに「今のはびっくりしましたね。しかも完璧にピッチャーとファーストの間に転がして、セカンド浅村のカバーリングがちょっと遅れたのもありますけど、これは完全にサインではないと思うんですよね。外国人選手を含めて主力が、自分の思ったことをチームのために自由にできる。こういった作戦が取れるのはチームが勢いに乗っている証拠ですね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM