ニュース

ゴールデン・グラブ賞 表彰式コメント~パ・リーグ編~

無断転載禁止
ゴールデン・グラブ賞を受賞したソフトバンク・甲斐拓也(C)KYODO NEWS IMAGES
 29日、『三井ゴールデン・グラブ賞』の表彰式が行われた。

 パ・リーグの表彰式のコメントは以下の通り

▼ 投手
岸孝之(楽天/初受賞)
「投球以外で守備機会は少ないですけど、そういう面を評価していただいたのは嬉しく思います。(ゴールデン・グラブ賞のイメージ)僕は基本ピッチャーライナーが来たらよけてしまうので、縁がないかなと思っていました。(来季に向けて)若いピッチャー陣に負けないように、来年以降も選んでいただけるように頑張りたいと思います」

▼捕手
甲斐拓也(ソフトバンク/2年連続2回目)

「素直に嬉しく思います。(今年1年振り返って)自分一人では無理なので、ピッチャー、野手の協力があって獲れた賞。感謝したいです」

▼ 一塁手
中田翔(日本ハム/2年ぶり3回目)

「ここにいるメンバーに比べて派手なプレーはないですけど、評価してもらえたのは凄くありがたいと思います。もっともっとチームに貢献したかったですし、これで満足していけないと思う。もっともっと頑張っていきたいなと思います」

▼ 二塁手
中村奨吾(ロッテ/初受賞)

「目標のひとつにしていた賞なので、嬉しく思います。やりたいポジションだったので、コンバートしてくれた監督、指導してくれたコーチ、周りの方々に感謝しかないです。来年も連続して受賞できるように頑張りたいと思います」

▼ 三塁手
松田宣浩(ソフトバンク/6年連続7回目)

「7回選んでいただいて、非常に嬉しく思います。1年間ケガなくプレーできて、またゴールデングラブ賞を連続して獲れることができて嬉しく思います。三塁は自分にあっているポジションだと思いますから、常にサードを守るときは熱くやっていきたいと思います」

▼ 遊撃手
源田壮亮(西武/初受賞)

「目標にしていた賞なのですごく嬉しいです。自分が思っていたよりも試合に使っていただいて、ケガもなく過ごせたので、ケアしてくれたトレーナーさんにも感謝したいです。(守るときに大切していること)どんな打球が来るか常に準備して守っています」

▼ 外野手
秋山翔吾(西武/4年連続5回目)

「本当に嬉しく思います。前半は何やっているんだろうというプレーがあった。後半はピッチャーが頑張っていたので、なんとかしてあげたいなという思いを持ってやっていました。(来年に向けて)シーズン最初から守備でチームを助けられるように頑張りたいと思います」

柳田悠岐(ソフトバンク/2年連続4回目)
「非常に嬉しいです。(守備で心掛けていること)集中力を保つことです」

西川遥輝(日本ハム/2年連続2回目)
「大変光栄に感じています。自分の守備範囲をわからずレフトとライトのボールを奪ってしまったのかなと思います。(来季に向けて)またこの舞台に戻って来られるように頑張りたいと思います」

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM