ニュース

意外と知られていないゴールデン・グラブ賞の選考基準とは…

無断転載禁止
3日、都内で行われた「三井ゴールデン・グラブ賞」の表彰式
 3日、プロ野球の守備の栄誉「第43回 三井ゴールデン・グラブ賞」の表彰式が都内ホテルにて行われ、2014シーズンを彩った守備の名手たち18名が表彰を受けた。

 「三井ゴールデン・グラブ賞」は、卓越した守備によりチームに貢献した選手を表彰するという目的で1972年に「ダイヤモンドグラブ賞」の名で創設されたタイトル。1986年からは現在の「三井ゴールデン・グラブ賞」と名前を変え、守備の名手たちを表彰してきたいわば“守備のベストナイン”である。

 選出方法は、現場取材経験が5年以上の各新聞社・通信社・テレビ局・ラジオ局のプロ野球担当記者の投票による。また、選手の方にも「ゴールデン・グラブ賞」の投票対象となるために、満たさなければならない数字というものが存在する。ポジションによって様々ではあるが、まとめると以下の通りとなる。

・投手は規定投球回(144回)以上に投球していること、またはチーム試合数の1/3(48試合)以上に登板していること。
・捕手はチーム試合数の1/2(72試合)以上で捕手として出場していること。
・内野手はチーム試合数の1/2(72試合)以上でひとつのポジションの守備に就いていること。
・外野手はチーム試合数の1/2(72試合)以上で外野手として出場していること。

 この基準は簡単に満たせるものではない。今年で言えば、セ・リーグでは広島が三塁手と遊撃手でこれを満たした選手がおらず、該当者なし。パ・リーグでは、三塁手でこの資格を満たしたのが松田宣浩(ソフトバンク)、E.ヘルマン(オリックス)、今江敏晃(ロッテ)の3名だけという状況であった。

 表彰を受けた選手には、その選手が実際に使用しているグローブを型どったトロフィーが贈られる。トロフィーと見せかけて実は皮革を使ったグローブであり、この賞を7度受賞している井端弘和(巨人)はトロフィーの金色のグラブでキャッチボールをしたことがあると言う。

 2014年度「第43回 三井ゴールデン・グラブ賞」受賞者は以下の通り。

投手

パ:金子千尋(オリックス) ☆初受賞
セ:前田健太(広島) ☆3年連続4回目

捕手

パ:伊藤光(オリックス) ☆初受賞
セ:阿部慎之助(巨人) ☆2年連続4回目

一塁手

パ:T-岡田(オリックス) ☆初受賞
セ:森野将彦(中日) ☆初受賞

二塁手

パ:藤田一也(楽天) ☆2年連続2回目
セ:菊池涼介(広島) ☆2年連続2回目

三塁手

パ:松田宣浩(ソフトバンク) ☆2年連続3回目
セ:村田修一(巨人) ☆2年連続2回目

遊撃手

パ:今宮健太(ソフトバンク) ☆2年連続2回目
セ:鳥谷敬(阪神) ☆2年連続3回目

外野手

パ:陽岱鋼(日本ハム) ☆3年連続3回目
  糸井嘉男(オリックス) ☆6年連続6回目
  柳田悠岐(ソフトバンク) ☆初受賞
セ:丸佳浩(広島) ☆2年連続2回目
  大島洋平(中日) ☆2年ぶり3回目
  大和(阪神) ☆初受賞
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西