ニュース

川相氏、巨人・坂本に3ランを浴びた阪神バッテリーに苦言

無断転載禁止
4回、坂本勇(右)に3ランを浴びた阪神・浜地=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.04.04 18:00
読売ジャイアンツ 10 終了 1 阪神タイガース
東京ドーム
 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、同日に行われた巨人戦で坂本勇人に3ランを浴びた阪神バッテリーの配球に苦言を呈した。

 阪神の先発・浜地真澄、坂本誠志郎のバッテリーは、坂本に対し第1打席、カーブでヒットを打たれると、第2打席は143キロのストレートで右飛に打ち取った。4回二死一、二塁のこの日3度目の対戦で、阪神・浜地、坂本のバッテリーは1ボールからカーブを選択。このボールをレフトスタンドに運ばれた。

 川相氏は「その前の打席はストレートでライトフライに抑えたわけですよ。(坂本は)ストレートに遅れながらライトフライ。今得点圏で1打席目に打たれたカーブで、ホームラン。攻め方として簡単に変化球でいくよりも、もう少しインハイを使ったりして、そこから低めの変化球でいけなかったのかなと思いますけどね」と指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM