ニュース

井端氏、巨人・岡本の打撃をどう見てる?

無断転載禁止
巨人・岡本和真(C)KYODO NEWS IMAGES
 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏が、巨人の4番・岡本和真の打撃について言及した。

 岡本は3日の阪神戦から2試合連続で本塁打を放ち、4日の試合では1試合2ホーマーをマーク。状態を上げてDeNA戦を迎えたが、5日の試合は4打数0安打1三振だった。

 井端氏は岡本の打撃について「広島戦よりは若干良くなっているのかなと思いますけど、まだ本来のバッティングにほど遠いと思いますね」と話す。

 その理由について「足をあげたときに足が開く分、腰がボールに対して入ってこないんですよね。なので“来た”と思って振っても、力が入り切れていない。本来のバッティングではないですよね」と説明した。

 井端氏は、岡本の第1打席の三振に「足が開いてしまう分、あそこのインサイドというのは死角になってしまうという。開いてしまった分、肩が入ってしまうので、インコースが見にくくなっている。本人的にはボールと思って見逃したと思いますね。本人も気が付いているとは思うんですけど、打席に立ったら開いてしまうというのが現状だと思います」と指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM