ニュース

佐々木氏、巨人・クックは「先頭打者の入りを…」

無断転載禁止
巨人・クック(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.04.17 18:00
読売ジャイアンツ 4 終了 5 広島東洋カープ
熊本
● 巨人 4 - 5 広島 ○
<5回戦・熊本>

 巨人の新守護神・クックが、来日初失点、初黒星を喫した。

 2点リードの9回にマウンドにあがったクックは、野間峻祥、安部友裕に連打を浴びピンチを招く。続く西川を一ゴロに打ち取ったが、その間に三塁走者の生還を許し来日初失点。

 田中広輔を内野ゴロに打ち取り、二死としたが、あとアウト1つ奪うのが難しかった。菊池涼介に適時二塁打を浴び同点とされると、石原慶幸にセンター前に逆転の適時打を打たれた。クックは1回を投げて4安打、1奪三振、3失点で来日初黒星を喫した。

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は、クックについて「次回どういうピッチングをするか。彼がいないと困りますからね」と話し、「先頭打者の入りをもう少し用心深く。甘かったですからね。あとはバッテリーでコミュニケーションを取った方がいいかな。6点差の時の方が用心深く、変化球とか入ったりしていた。キャッチャーで違いがあるので、話し合いをしながらやらないといけないですね」と注文をつけた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM