ニュース

江本氏がみたヤクルト・村上宗隆

無断転載禁止
ヤクルト・村上宗隆(C)KYODO NEWS IMAGES
 開幕から三塁や一塁で先発出場するヤクルトの2年目・村上宗隆。18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、村上について言及した。

 同日の阪神戦に『7番・一塁』で先発出場した村上は、7回の第3打席に先発・岩田稔が投じたスライダーを反対方向へ本塁打。この本塁打に江本氏は「外目のボールですよね。ああいう左ピッチャーから打ったというのは大きな自信になると思いますよ」と話した。

 その一方で、9回の第4打席、外角のストレートを見逃した場面に「今のようなタイミングにあわない、バットが出ないんですよね。変化球だとちょっと緩いので流れていくぶんだけ間に合う。速い球がちょっとね」と話し、「外のボールとかは上手くついていきますけど、速いボールにちょっと問題がありますよね」と指摘した。

 江本氏が話したように、ストレートに対し、今季ここまで3本の本塁打を放っているが、打率.158(38打数6安打)と課題にしている。将来の大砲と期待される村上は、ストレートに対応できるようになれば、打率もあがっていきそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM