ニュース

里崎氏、3連敗の阪神は「組織としていい方向に進んでいない」

無断転載禁止
2試合連続の零敗で単独最下位となり、引き揚げる阪神・矢野監督(手前左)=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
 阪神は巨人に2試合連続完封負けを食らい、この3連戦3連敗となり“平成最後の伝統の一戦”を終えた。

 阪神先発・西勇輝は6回まで1点に抑えていたが、0-1の7回に山本泰寛に適時三塁打を打たれ、7回2失点で2敗目。9回から登板したドリスも暴投の間に失点した。打線は1番・近本光司、2番・糸原健斗がマルチ安打を放ったが、あと1本が出ず2戦連続で得点することができなかった。

 21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-巨人戦』で解説を務めた里崎智也氏は阪神について「1試合通してチームとして良い所はなかったですね。先発の西、1番・近本、2番・糸原の活躍もありましたし、個々にみればいいところはあるんですけど、組織としていい方向に進んでいないですね」と分析した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM