ニュース

1年前の12月23日を答え合わせ! 中田翔が新ヘアー披露で“丸刈り卒業”宣言!?

無断転載禁止
個性的な髪形と肌の黒さで25歳とは思えぬ風格を漂わせる日本の4番・中田翔 [Getty Images]
 1年前の野球界が何が行われていたかを振り返る「1年前の答え合わせ」。

 日本では天皇誕生日として祝日となっている12月23日。昨年の今日は、パ・リーグを代表するスラッガーが“丸刈り”卒業を宣言…?など3本。2013年12月23日に起こった出来事は以下の通り。


● 楽天・嶋が故郷でドラゴンズ愛を叫ぶ?

 楽天の選手会長である嶋基宏が、出身地の岐阜県海津市にてトークショーを開催。そこで「僕はバリバリの中日ファン。今でもファンです」と宣言した。小学生時代、中日の主力だった立浪和義氏らが訪れた野球教室で中日に入りたいと猛アピールしたことなど、思い出を語り、 交流戦で中日と戦うのは「本当に幸せ」とまで話した。順調にいけば、14年中に国内FA権を取得する鷲の正捕手の発言に、東北は気が気でない。

→ 登録日数が8年に達し、国内FA権を取得した嶋であったが、「8年間、いろんな方にお世話になった恩を返せていない。もう1回、優勝を味わいたい」と悩んだ末に残留を宣言。中日は炭谷銀仁朗や細川亨といった他球団のFA権取得捕手も揃って残留を宣言したため、中日の正捕手問題は未解決のままとなっている。


● ヤクルト・川端慎吾が『ヨガ』トレーニング導入

 ヤクルトの川端慎吾が、オフの練習で『ヨガ』を取り入れることを明らかにした。能力は折り紙つきながら、ケガに泣かされることが多い川端は、「結構きつかった」と笑いながらも、自らの弱点克服へ意欲的な姿勢を示した。

→ そんな“ヨガパワー”のおかげかどうかはわからないが、キャリア最高の142試合に出場。年間通して試合に出続け、打率.305、10本塁打、69打点を記録した。今季もケガ人の多さに苦しんだヤクルト、全体練習に『ヨガ』の導入まである...!?


● 中田翔が丸刈り卒業宣言!奇抜な金髪スタイルでディナーショーに登場

 平成生まれで最も稼いでいる男(年俸No.1)・中田翔が、苫小牧市内で行われたディナーショーに参加。両サイドを刈り込み、中央部分は金色に染め上げてバックに流すモヒカンスタイルで登場し、女性客も「かっこいい~」とメロメロ。08年のプロ入りからキャンプ前には丸刈りにしてくるのが恒例行事で、12年の春季キャンプでは髪を伸ばして挑むも、3日目にギブアップして丸刈り姿で登場なんてこともあった。その時には「やっぱり中田翔は坊主やなと。髪を伸ばして似合うほど男前じゃない」との発言も残していたが...。

→ シーズンを通して金髪と黒い肌が存在感を際立たせていた。しかし、本業の方でも圧倒的な存在感を誇り、100打点で打点王のタイトルを獲得。11月の日米野球では、侍ジャパンの4番に座った。年々風格を増していく中田翔は、来シーズンどのような姿を見せてくれるのだろうか。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西