ニュース

山崎武司氏、プロ初適時打の楽天・渡辺佳に「1年生で…」

無断転載禁止
2回楽天2死二塁、渡辺佳が左前に先制打を放つ。捕手小林=楽天生命パーク KyodoNews
2019.06.05 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 4 終了 2 読売ジャイアンツ
楽天生命パーク
○ 楽天 4 - 2 巨人 ●
<2回戦・楽天生命パーク>

 楽天のドラフト6位ルーキー・渡辺佳明が、プロ初のタイムリーを放った。

 0-0の2回二死二塁で迎えた第1打席、2ボール2ストライクから巨人先発・田口麗斗が投じた外角のストレートを逆らわずにレフト前へ運び、二塁走者のブラッシュがホームインした。これが渡辺にとって嬉しいプロ初打点となった。

 この打撃にTBCラジオ制作でニッポン放送でも放送された5日の『楽天-巨人戦』で解説を務めた山崎武司氏は、「素晴らしいですね。追い込まれていますから、自分の懐までボールを引きつけて打ちました。1年生であのバッティングは大したものですね」と褒めていた。

 また、6回の第3打席、宮国椋丞の外角のストレートをレフト前にポトリと落ちるヒットには「反対方向ですけど、振っている。チョコンと当てたらファウルなんですよ。最後までヘッドを返すので、詰まってもライン上にポテンヒットになるんですよね」と解説した。

 渡辺佳はプロ初打点、初タイムリー、初の猛打賞と“初”ものづくしだった。

(提供:TBC POWERFUL BASEBALL)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM