ニュース

川相氏、2回に満塁弾を浴びた中日バッテリーに…

無断転載禁止
2回、巨人・坂本勇(右)に先制の満塁本塁打を浴びた中日・ロメロ=東京ドーム(C)Kyodo News
2019.07.04 18:00
読売ジャイアンツ 5 終了 3 中日ドラゴンズ
東京ドーム
○ 巨人 5 - 3 中日 ●
<14回戦・東京ドーム>

 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、巨人・坂本勇人に満塁本塁打を浴びた中日バッテリーの配球について言及した。

 0-0の2回二死満塁で中日・ロメロ、捕手・加藤匠馬のバッテリーは、坂本勇人に対し2ボール1ストライクから4球目外角のストレートで2ボール2ストライクとしたが、5球目のインコース高めのストレートをレフトスタンドに運ばれた。

 満塁本塁打を浴びた中日バッテリーに対し川相氏は「最後インサイドを要求したんですね。その前の外のボールは、坂本も手が出ないようなところのコースだったと思います。最後はインサイドを要求したんですけど、そこの配球がどうだったのかなという気がしますね」と気になった様子だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM