ニュース

若松氏がみたDeNA・筒香 昨年との打撃の違いとは…

無断転載禁止
DeNA・筒香
 21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-中日戦』で解説を務めた若松勉氏が、DeNA・筒香の今年と昨年の打撃の違いについて語った。

 若松氏は「今年の筒香はアウトコースを空振りしたり、ファウルしたりする打席が非常に多い」と指摘。

 4回の第2打席、中日の先発・笠原祥太郎が投じた2球目のアウトコースのストレートをファウル。このファウルに若松氏は「アウトコースいっぱいのまっすぐをレフト前に打てればいいんですけど、空振りしたり、ファウルしたりしている。今年はアウトコースのスイングの仕方が去年までと違うところじゃないですかね」と解説。

 筒香が外角の変化球を一、二塁間を破るヒットを放った後も、若松氏は「調子のいいときは、今のコースは左中間でしょうね。調子のいいときは、そういう打撃ができたはずなんですけどね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM