ニュース

真中氏が感じたソフトバンクの強さ

無断転載禁止
ソフトバンク・工藤公康監督
2019.10.22 18:15
読売ジャイアンツ 2 終了 6 福岡ソフトバンクホークス
東京ドーム
SMBC日本シリーズ2019・第3戦
● 巨人 2 - 6 ソフトバンク ○
<10月22日 東京ドーム>

 22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第3戦 巨人-ソフトバンク』で解説を務めた真中満氏は、ソフトバンクの強さについて語った。

 真中氏は6-2の5回二死二塁で、投手・バンデンハークに打席が回ってきたところで中村晃に代打が送られると、「5回表の攻撃でバンデンハークに代打を出せる。中継ぎ陣への信頼なんですよね。これがソフトバンクの強さですよね」と分析。

 「普通でしたら先発を5回、6回というところなんですけど、そこを考えずに投入することができるピッチャーがいますのでね」と続けた。

 5回から石川柊太がマウンドに上がると、真中氏は「言い方が失礼かもしれないですけど、こういうピッチャーが5回、6回に普通にいるわけですから。ソフトバンクは強いですよね」と話していた。

 ソフトバンクのリリーフ陣は石川が2イニング、7回・甲斐野央、8回・モイネロ、9回・森唯斗が無失点に抑えた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM