ニュース

宮本慎也氏がショートの守備でこだわっていたこととは?

無断転載禁止
現役時代の宮本慎也氏
 6日に放送された『ザ・フォーカス フライデースペシャル』の『守りの名手』というコーナーに、今季までヤクルトでヘッドコーチを務めた宮本慎也氏が出演し、現役時代ショートのポジションで譲れなかったこと、こだわっていたことについて語った。

 宮本氏は「捕ることより投げることの方に自信がありました」とスローイングを挙げた。

 また宮本氏は「そこまでの強肩ではなかったので、人工芝も無理せず有効活用しました。今の子達は無理してノーバウンドで投げようとして、ハーフバウンドになって悪送球になったりする。使えるものは使って、自分の最大限のパフォーマンスを出そうと思っていましたね」と現役時代のエピソードを交えながら語っていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM