ニュース

山本昌氏、初戦の勝利が「ジャイアンツとしては大きい」と話したワケ

2020.07.03 18:00
読売ジャイアンツ 5 終了 0 中日ドラゴンズ
東京ドーム
○ 巨人 5 - 0 中日 ●
<1回戦・東京ドーム>

 巨人がエース・菅野智之の完封で、中日との3連戦初戦を制した。

 巨人・菅野と中日・大野の投げ合いは、5回まで両投手無失点に抑える“投手戦”となった。0-0の6回に坂本勇人のソロで先制すると、8回に北村拓己の3点適時二塁打を放った。

 先発の菅野智之は7回一死まで中日打線を無安打に抑えるピッチング。7回一死走者なしからビシエドに二塁打を打たれたが、結局打たれた安打はこの1本のみ。最後まで投げ抜き今季初完封を挙げた。

 3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた山本昌氏は「初戦を落としてしまうと、チームは頭に3連敗がよぎるんですよね。初戦を勝つことによって、次の2試合が楽に戦える。だからエースクラスがどこのチームも投げる。そのなかで、原監督はドラゴンズを手強いと思っていたはずなんですよ。そこの初戦をとれたというのは、ジャイアンツとしては大きいですね」とこの3連戦を戦う上でも初戦の勝利は大きいと分析した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM