ニュース

阪神、今季初の3連勝!狩野氏「非常に良い勝ち方」

無断転載禁止
矢野燿大監督 (C) Kyodo News
2020.07.09 18:00
阪神タイガース 2 終了 1 読売ジャイアンツ
甲子園
○ 阪神 2 - 1 巨人 ●
<4回戦・甲子園>

 今季初となる甲子園で阪神が、巨人に2-1で勝利し、連勝を3に伸ばした。

 阪神・ガルシア、巨人・メルセデスの先発となった“伝統の一戦”は、両投手6回まで無失点に抑える投手戦となった。試合が動いたのは7回、無死一塁からボーアがメルセデスから先制の2ランを放った。

 2-0の9回に守護神の藤川球児が亀井善行に適時打を浴びたが、後続を打ち取り逃げ切った。

 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた狩野恵輔氏は、「今まで苦手にしていた広島に連勝できたのは大きかったですし、ジャイアンツに1つ勝てたのは大きいですね」と振り返った。

 「今年はボーア選手がどう打ってくれるかだったので、非常に良い勝ち方だったと思いますね。勢いを出さないといけないと思います。4番バッターではないですけど、今年キーとなる選手が打って、中継ぎ陣がしっかり抑えて、タイガースが今年やろうとした野球で勝ちました」と話していた。

(提供=MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM