ニュース

田尾氏が思う「理想に近いスイング」をする打者は?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める田尾安志氏
 10日に放送され、雨天中止となった『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏が、DeNAの新外国人・オースティンを絶賛した。

 田尾氏はオースティンについて「彼の打撃を見ていて、そんなに崩れないスイングをしているんですよ。ずっとそれなりに打つだろうなと」と評価する。崩れないスイングについて、田尾氏は「グリップが遠回りしないんですよ。体の近くからボーンと振りだすので、僕の思っている理想に近いスイングをしています」と説明した。

 また、DeNA打線については「それなりに打つだろうなと。3人の外国人バッターは優秀な選手ですからね。オースティンは打率も残すと思いますので、良い打線になったと思いますね」と話していた。

 オースティンはこの日、2打数0安打だったが、ここまで17試合に出場して、打率.327、3本塁打、13打点の成績を残している。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM