ニュース

巨人、4連敗で首位陥落 田尾氏「状態の良かった選手たちが…」

無断転載禁止
巨人・原監督 (C)Kyodo News
2020.07.12 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 3 東京ヤクルトスワローズ
ほっと神戸
● 巨人 2 - 3 ヤクルト ○
<5回戦・ほっと神戸>

 巨人はヤクルトに2-3で敗れ、4連敗となり首位陥落した。

 巨人は初回二死二塁の場面で、ヤクルト・村上が放った左中間への飛球、フライアウトでチェンジかと思われたが、レフト・亀井、センター・丸がお見合いする形となり先制点を与えてしまった。

 0-2の4回に中島の第3号ソロで1点を返すも、直後の5回に先発・桜井が村上にこの日2本目となる適時打を浴びた。その裏、巨人も丸のタイムリーで再び1点差に。

 6回は一死一、三塁から炭谷銀仁朗がショートへのゴロで、その間に三塁走者が生還し同点に追いついたかと思われた。しかし、巨人の一塁走者・パーラがヤクルトのセカンド・山田哲人の足元に危険なスライディング。ヤクルトの高津臣吾監督がリクエストを要求し、リプレー検証の結果、パーラのスライディングが守備妨害を取られ、打者走者の炭谷も一塁アウトとなり、ダブルプレーで無得点に終わった。

 9回には先頭の中島宏之がライト前に放ち出塁し、代走・増田大輝の盗塁成功で得点圏に走者を進めるも、あと1本が出なかった。

 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏は「開幕から状態の良かった選手たちが、ちょっと落ちてきていますよね。岡本もそうでしたし、丸も2本打ちましたけど、あまり内容はよくないと思っています。坂本は体調を気にするくらいですから、もう少しかかるかなという気がしますね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM