ニュース

田尾氏、巨人の6回の攻撃に「もったいない」

無断転載禁止
巨人・原監督=ほっともっと神戸(C) Kyodo News
2020.07.12 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 3 東京ヤクルトスワローズ
ほっと神戸
● 巨人 2 - 3 ヤクルト ○
<5回戦・ほっと神戸>

 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏が、巨人の6回の攻撃について言及した。

 2-3の6回一死一、三塁から炭谷銀仁朗がショートへのゴロ。その間に三塁走者が生還し同点に追いついたかと思われた。しかし、巨人の一塁走者・パーラがヤクルトのセカンド・山田哲人の足に危険なスライディング。ヤクルトの高津臣吾監督は、すかさずパーラへの二塁スライディングに対しリクエストを要求。リプレー検証の結果、パーラのスライディングが守備妨害を取られ、打者走者の炭谷も一塁アウトとなり、ダブルプレーで無得点に終わった。

 田尾氏は「これはもったいない。妨害しないで普通に(二塁)スライディングしていても、一塁はセーフだと思うんですよね。山田選手の捕球の形がそんなに良い形じゃなかった。あの形から一塁へ送球できなかったじゃないかな。そうすると1点を取れていただけに、これはもったいなかったですね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM