ニュース

“小さな大打者”・若松氏、山田哲人は「打とう打とうと…」

無断転載禁止
ヤクルト・山田哲人
2020.07.26 18:00
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 9 読売ジャイアンツ
神宮
 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた若松勉氏が、現状のヤクルト・山田哲人の打撃について分析した。

 この日、山田は第1打席にセンター前に運ぶ安打を放ったが、若松氏は「うまく打ちましたけど、“山田のヒットじゃない”ですよね」と指摘。

 「今年はインサイドを攻められて、打とう打とうとしてインハイなども無理して打っていて、フォームを崩したりしていました。なんとか打ってやろうという感じで打席に入っているので、その辺をちょっとしたスランプ気味になっていくというかね、打者としては出てくるんですよ」と解説した。

 若松氏は、「インサイドを攻められても、“なにくそ”という気持ちで打者もけっこういるんですよ。それで打ち返して元に戻したりするんですよね」と話していた。打線の中心として引っ張る活躍が期待される山田哲人の1日も早い復調が待たれる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM