ニュース

大矢氏、2回のDeNAの守備に…

無断転載禁止
DeNAのラミレス監督
2020.07.30 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 4 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
● 巨人 2 - 4 DeNA ○
<9回戦・東京ドーム>

 30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA』で解説を務めた大矢明彦氏が、無失点で切り抜けたが2回のDeNAの守備陣に苦言を呈した。

 2回一死一塁から巨人・パーラが放ったセカンドへのゴロを中井大介が後逸。中井が打球を見失い、ライト・ソトがバックアップする間に打者走者のパーラを二塁、一塁走者のウィーラーを三塁への進塁を許した。

 この守備に大矢氏は「難しいゴロではなかったですね。一、二塁間寄りで深かったんですけど、自分でおそらくダブルプレーできたらという気持ちがあったと思う。途中からセカンド無理と思ってファーストでアウトにしないといけなかったが、バウンドがあわなかったですね」と解説。

 続く、吉川尚輝を一ゴロで三塁走者・ウィーラーを三本間に挟みアウトにしたが、打者走者の吉川尚は二塁へ進めてしまった。

 大矢氏は「DeNAはランダウンプレイになりましたよね。誰もカバーに入っていなかったので、梶谷はセンターなんですけど、セカンドベースに入らないといけないですよね」と指摘していた。

 結果的にメルセデスを空振り三振に仕留め無失点で切り抜けたが、リーグ制覇するためにも小さなミスを減らしていきたい。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM