ニュース

巨人・畠、危険球退場も投球内容は江本氏「まっすぐは素晴らしい」

無断転載禁止
巨人の畠世周 (C) Kyodo News
2020.07.31 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 1 広島東洋カープ
東京ドーム
○ 巨人 2 - 1 広島 ●
<7回戦・東京ドーム>

 今季初先発となった巨人の畠世周は、4回まで1失点に抑えていたが、5回に會澤翼の頭部に死球を与えたため、危険球退場となった。

 立ち上がりから力強いストレートで、広島打線を3回までノーヒットに抑える。31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「自分の手応えがあって、こういうボールを投げている。立ち上がりストレートがガンガンいくということは調子がいいんでしょうね」と評価した。

 しかし、4回に先頭の西川龍馬にチェンジアップをライトスタンドへ運ばれ失点。江本氏は「なんでこんなところで変化球を2球続けるんですか。この辺がキャッチャーの勘違いというかね。2打席目は慣れているだろうと。ピッチャーの良さを出さないと。かわすことを考えちゃダメですよ。ピッチャーも頭がないと、良い球を投げていてもつい変化球を投げたがるんですよ。本人も悪いんですよ」と苦言を呈した。

 その後は威力のあるストレートで広島打線を、5回一死までこの1点に抑えていたが、會澤に149キロのストレートが頭部に直撃し危険球退場となった。この日は4回1/3を投げて1安打、1失点という内容だった。

 江本氏は畠のこの日の投球に「まっすぐは素晴らしいですよ。あとは配球だけを気をつけて」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM