ニュース 2020.09.05. 10:00

阪神・西勇輝の初球打ちに下柳氏が「珍しい」と話したワケ

無断転載禁止
阪神・西勇輝 (C)Kyodo News
2020.09.04 18:00
阪神タイガース 5 終了 4 読売ジャイアンツ
甲子園
○ 阪神 5 - 4 巨人 ●
<11回戦・甲子園>

 ABCラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた下柳剛氏が、阪神の投手・西勇輝の初球打ちについて言及した。

 2回の第1打席にセーフティスクイズを決めた西勇輝は、5回無死走者なしの第2打席に巨人の先発・戸郷翔征が投じた初球のストレートを右飛に倒れる。

 下柳氏は「ピッチャーが初球を打つのは、珍しいですね」とポツリ。「時々打っていいよとはいわれますけど、ピッチャーは1ストライクは見ます。大体ピッチャーは初球を見送るので、スーッとストライクを取りにとるときがくるから、それをたまに狙っていいよと言われるときはありますけどね」と明かしていた。

 本業のピッチングでは、巨人打線を6回まで1安打に抑えていたが、7回と8回に失点。それでも、7回2/3を投げて4失点で今季5勝目を挙げた。

(提供=ABCフレッシュアップベースボール)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM