ニュース

真中氏がみた阪神・サンズの良さ

無断転載禁止
阪神の新外国人・サンズ(C) Kyodo News
 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた真中満氏が、阪神の4番・サンズについて言及した。

 サンズは2-0の2回二死一、二塁の第2打席、巨人の先発・サンチェスが投じたストレートをセンター前に弾き返す適時打を放った。この適時打で今季の打点を54にした。

 サンズの良さについて真中氏は「長打力ですよね」と挙げ、「手が長いので、近めのインコースはさすがに厳しいと思うんですけど、自分のしっかり手が伸びる位置ですよね。外の甘いコースは本当に怖いことになりますよね。高めのボールよりも低めのボールの方が得意そうに見えますよね」と語った。

 「あとは抜かれても体があまり前にでないので、どんな状況でもしっかりスイングができる構えをしていますよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM