ニュース

佐々木氏が挙げた巨人の強さ

無断転載禁止
好調・巨人を引っ張る原辰徳監督 (C) Kyodo News
 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、巨人の打線について言及した。

 佐々木氏は、巨人の打線の状態について「上がっていますし、いいところで1本出るのがジャイアンツ打線なんですよね。ランナーの進め方、ここぞの場面で1本が出るんですよね」と分析する。

 この日の2回の攻撃では先頭の丸佳浩が四球を選ぶと、続く中島宏之がライト前ヒットでチャンスを広げる。この安打に佐々木氏は「これも中島が右打ちするんですよね。ランナー一塁で右打ちをベテランがするんですよね。役割をしっかりやって、繋がって点をとるんですよ。それがジャイアンツの強さなんですよ」と話した。中島の右安で無死一、二塁とした後、大城卓三、若林晃弘の連続適時二塁打で2点を先制した。

 佐々木氏は「今年のジャイアンツは本塁打だけではないんですよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM