ニュース

佐々木氏、広島・鈴木誠也の打撃に「タイミングが…」

無断転載禁止
広島・鈴木誠也
 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、広島の4番・鈴木誠也について言及した。

 初回二死一塁の第1打席、巨人の先発・田口麗斗が投じた初球のスライダーに手を出すも中飛に倒れる。佐々木氏は「こういうフライアウトが多くなりましたよね」とコメント。

 続く3回二死一塁の第2打席はショートゴロ、6回の第3打席がセカンドゴロ、9回の第4打席は二ゴロに打ち取られた。

 佐々木氏は鈴木の打撃に「真っ直ぐを待ちながら変化球で、甘いボールを打てるバッターなのですが、それが来たときにタイミングがあわないことが多いですね」と指摘し、第4打席後には「今のも詰まっていますもんね。バッターとしたら、詰まるのが一番嫌なのじゃないかな。差し込まれているということですからね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM