ニュース

巨人・松原の適時打に天谷氏「ヒットエンドランという打ち方」

無断転載禁止
巨人・松原=神宮(C) Kyodo News
2020.09.29 18:00
広島東洋カープ 1 終了 6 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
● 広島 1 - 6 巨人 ○
<16回戦・マツダスタジアム>

 巨人の松原聖弥が、適時打を放った。

 0-1の3回一死一、二塁から広島先発・遠藤淳志が投じた内角のスライダーをライト前に運ぶと、スタートを切っていた二塁走者の若林晃弘が同点のホームを踏み、一塁走者の吉川尚輝も三塁へ進塁した。

 この打撃に、29日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏が、「ランエンドヒットというより、完全にヒットエンドランという打ち方ですよね。非常に難しいボールでしたけど、期待に応えましたよね。しっかりとチームに勢いを与えていますよね」と振り返った。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM