ニュース 2020.10.10. 07:00

山崎隆造氏が挙げた広島・大盛の課題点

無断転載禁止
広島・大盛穂 (C) Kyodo News
 9日にニッポン放送で放送された広島-ヤクルト戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた山崎隆造氏が、広島の大盛穂について語った。

 山崎氏は「がむしゃらに必死だと思うんですよ。慣れてきたなと。メンタル的にはずいぶん楽にプレーできてきているようになっているんじゃないですかね。その一方で、課題も出てきていますけどね」とコメント。

 課題点について山崎氏は「非常に難しいことなんですけど、追い込まれてからのもろさが目につくときがありますね」と話し、具体的には「様々ですけど、縦に落ちるボールに対しての対応力はもう少し身につけて欲しいなと思いますね」と説明した。

 4回の第2打席は追い込まれてからフォークを打ち中飛に倒れたが、山﨑氏は「なんとかバットには当てているんですけど、まずはバットに当てることが大事。ただその時に、バットの入れる角度ですよね。ポーンと上がらない角度を覚えて欲しいなと。あとは膝の使い方だったり、細かいところはあるんですよね。ただ若さもあっていいところもたくさんありますからね」と話していた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM