ニュース

井端氏、“タナキク”の守備に「2人でとったダブルプレー」

無断転載禁止
広島の「タナキクコンビ」こと田中広輔と菊池涼介
2020.10.14 18:00
読売ジャイアンツ 6 終了 1 広島東洋カープ
東京ドーム
○ 巨人 6 - 1 広島 ●
<20回戦・東京ドーム>

 “タナキク”が守備で魅せた。

 1-2の3回無死一塁から巨人・坂本勇人が放った鋭いライナー性の打球をショート・田中広輔がスライディングしながらキャッチし二塁へ送球しアウト。セカンド・菊池涼介が体勢を崩しながら一塁へノーバウンド送球で、ダブルプレーを完成させた。

 この守備に『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏は「うまかったですね。身のこなしもよかったですし、トスが短めだったんですけど、菊池選手がうまくカバーしました。今のは2人でとったダブルプレーかなと思います」と評価。

 すかさず、実況を務めた師岡正雄アナウンサーが「中日時代のアライバコンビを見るようですね?」と振ると、井端氏は「田中選手、菊池選手の方がいいプレーだと思いますよ」と謙遜気味に話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM