ニュース 2015.03.12. 11:15

欧州代表との強化試合を終えて… 侍ジャパンの打撃成績を振り返る

無断転載禁止
強化試合2試合で7打数1安打に終わった中田翔[Getty Images]
 10日、11日に行われた欧州代表との強化試合で1勝1敗に終わった侍ジャパン。そこで、強化試合の打撃陣の成績を振り返っていきたい。

 2試合とも先発出場した山田哲人(ヤクルト)の活躍が目立った。10日の1戦目は、3点を追う4回二死二塁からマエストリ(オリックス)の初球を叩き、左中間へ運ぶ適時二塁打。11日には5点ビハインドの6回に、バックスクリーン横に突き刺す豪快な一発を放ってみせた。山田はこの本塁打が嬉しい代表初本塁打。また、山田はヤクルトでは二塁を本職にしているが、1戦目には一塁でスタメン出場するなど、ユーティリティーに働いている。

 一方で小久保ジャパン発足後、4番で出場を続ける中田翔(日本ハム)は2試合で7打数1安打と物足りなかった。10日の試合では2点リードの8回に四球を選び、その後の逆転劇に貢献したものの、11日は3回二死一、三塁の場面で三飛。チャンスで打点をあげることが求められる打順なだけに、1本打って欲しいところだった。これで中田は、小久保監督就任後の打撃成績は打率.146、1本塁打4打点となった。

 侍ジャパンは今後、11月に開催される『プレミア12』に出場する。侍ジャパンの小久保裕紀監督は2戦目を終えた後「今日のゲームで課題が見つかった。次集まったときに、そこを修正して選手たちに伝えたい」としている。『プレミア12』では打線が大爆発となるだろうか。

【欧州代表強化試合の打撃成績】
坂本勇人(巨人)
成績:率.667(3−2) 本0 点0

大島洋平(中日)
成績:率.400(5−2) 本0 点0

松田宣浩(ソフトバンク)
成績:率.400(5−2) 本0 点1

雄平(ヤクルト)
成績:率.400(5−2) 本0 点1

山田哲人(ヤクルト)
成績:率.333(6−2) 本1 点2

菊池涼介(広島)
成績:率.333(6−2) 本0 点0

銀次(楽天)
成績:率.333(3−1) 本0 点1

筒香嘉智(DeNA)
成績:率.250(8−2) 本0 点1

中田翔(日本ハム)
成績:率.143(7−1) 本0 点0

柳田悠岐(ソフトバンク)
成績:率.000(6−0) 本0 点0

丸佳浩(広島)
成績:率.000(3−0) 本0 点0

今宮健太(ソフトバンク)
成績:率.000(2−0) 本0 点0

嶋基宏(楽天)
成績:率.000(2−0) 本0 点0

会沢翼(広島)
成績:率.000(2−0) 本0 点0

小林誠司(巨人)
成績:率.000(1−0) 本0 点0

伊藤光(オリックス)
成績:率.000(1−0) 本0 点0
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西